[Objective-C] CocoaPodsを使ってみよう!

前回は、cocos2d-htmlにて画像のバイナリデータをSprite化する方法についてご紹介しました。
今回は、iOSオープンソースライブラリ郡を管理することができる「CocoaPods」についてご紹介します。

CocoaPodsとは、MacアプリやiOSアプリ開発者向けオープンソースのライブラリ管理ツールとなります。
MacアプリやiOSアプリを開発する場合、複数の外部ライブラリを使用するケースがあると思います。

従来ですと、複数の外部ライブラリは、全てXcodeプロジェクト内に組み込む必要がありますが、
CocoaPodsを導入することにより、使用したいライブラリ郡が記載されたテキストファイルを作成し、
ターミナル上でコマンドを実行するだけで外部ライブラリが使用できるようになります。

また、インストールも非常に容易であり、短時間で設定が可能です。
ここで、CocoaPodsのメリット・デメリットを記載します。
・メリット
 → オープンソースのライブラリをXcodeプロジェクト内に直接組み込む必要がない
   オープンソースのライブラリの追加・削除が簡単である
   各オープンソースライブラリのライセンス表記を作成する手間が省ける
   ※各ライブラリのインストール時にライセンス表記を集約し、plistファイルとして出力してくれる

・デメリット
 → プロジェクトの途中からCocoaPodsを導入してしまうとリンクエラーが多発してしまう

早速CocoaPodsをインストールしてみましょう。

<CocoaPodsのインストール方法>
【前提条件】
 Macに「Ruby」がインストールされていること
 ※「Ruby」のgemコマンドを使用してインストールするため必要です。
   MacOSX v10.2(Jaguar)以降、標準でインストールされていますが、
  バージョンは、必ず、「2.0.0」以上に上げてください。

【手順1】
 ターミナルを起動します。

【手順2】
「CocoaPods」をインストールします。
 下記のコマンドを入力します。

【手順3】
 ライブラリ管理を行うためのディレクトリを作成します。
 ※ディレクトリ内のファイルを使用してライブラリの管理を行います。
 下記のコマンドを入力します。

【手順4】
 図のようなログが表示されると成功です。

 お疲れ様でした。
 これで、「CocoaPods」のインストールは完了となります。
 たった数回の手順で、わざわざ開発プロジェクトに手動で外部ライブラリを組み込む必要がなくなりました。

 現在、CocoaPodsで管理されているライブラリは、約7600種類あります。
 下図のように、コマンドを実行することによってライブラリのリストを出力することができますが、
 あまりにも種類が多いので、使用したいライブラリがあるかどうかを探すのは困難です。

 使用したいライブラリがあるかどうかを調べるには、検索サイトで簡単に調べることができます。

 では、「CocoaPods」がインストールできたところで今回は終了となります。
 次回は、実際に「CocoaPods」を使用してサンプルプロジェクトを作成してみましょう。

 最後までご覧いただき有難うございました。


弊社では全国各地の請負い(ご自宅)で作業協力頂ける、フリーランスエンジニアの方を常時探しております。
ご興味ある方は、お気軽にお問い合わせ下さい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*