[Oculus]3D動画を見る方法 -3-

前回はOculus Riftで3D動画を観る方法についてご紹介しました。
今回は、前回の続きで実際に動画を再生してみます。

動画を再生するためにはじめに「QuickTime」をインストールします。

http://www.apple.com/jp/quicktime/download/

インストールが完了しましたら、動画ファイルをUnityに取り込みましょう。

次にButtonClick.csにすこしコードを加えます。


using UnityEngine;
using System.Collections;

public class ButtonClick : MonoBehaviour {
	//動画を再生するためのオブジェクトを追加
	public GameObject go;				 
	public MovieTexture movie;

	// Use this for initialization
	void Start () {
		//オブジェクトにあるマテリアルに動画を代入します。
		go.GetComponent<Renderer>().material.mainTexture = movie;
		movie.Pause ();

	}
	
	// Update is called once per frame
	void Update () {
	
	}

	public void OnClick() {
		Debug.Log ("Click");
		movie.Play ();
	}

}

このファイルをButtonオブジェクトにドラッグすると下記の図のようになります。

二つ宣言した変数の中身は空になっています。
ここに動画を映すためのオブジェクトをGoにドラッグし、
動画ファイルをMovieにドラッグします。

まず、動画を映すためのオブジェクトを作成します。
GameObject=>3DObject=>Plane

生成したPlaneの座標を図のようにします。

設定できましたらGoにドラッグします。

次に動画ファイルをMovieにドラッグします。

これで完成です。
再生してみましょう。

いかがでしょうか。
ただ、MovieTextureはモバイルに向いていないため、
モバイルでも動作を確認したい場合は「OpenCVforUnity」というAssetsもあるようです。有料なため、試せてはいませんがハコスコで開発や動画を見るといったことには効果がありそうです。

最後までご覧いただき有難うございました。


弊社では全国各地の請負い(ご自宅)で作業協力頂ける、フリーランスエンジニアの方を常時探しております。
ご興味ある方は、お気軽にお問い合わせ下さい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*