[Phalcon]Phalconとは

前回は動画と音声も一緒に組み込んだ動画の変換方法についてご紹介しました。
今回はPhalconについてご紹介します。

最初聞いたときに何それ?と思う方もいると思います。
私も思いました。そこで今回の記事でPhalconとはなにかをまとめてみました。

まず初めに、PhalconというのはPHPのフレームワークになります。
ほかにもCakeやzend等聞いたことがあると思いますが、
同じようにPHPの開発を簡易化してくれるフレームワークです。

インターネットで調べてみると必ずと言ってもいいほど
「速度が速い」というのが目に入ってくると思います。
なぜ「速度が速い」と言われているのかといいますと
PHPエクステンションとして実装されており、
C言語で処理を行うことで、他のPHPフレームワークに比べ処理速度が速く、
軽量で、同じ処理を少ないサーバ台数で行うことができることに起因しています。
※エクステンションとはPHPの機能を拡張するためのモジュールです。

ここまで大したデメリットはないように思いますが、
Phalcon自体あまり普及されていないそうです。
理由としては他のフレームワークと違い、
使用者がコードを書かないといけない箇所が多いため、
開発する速度が遅くなってしまう可能性があるという声を占めています。
ともあれ、試してみないとわからないこともあるので
実際にPhalconを使ってみましょう。
ひとまず、ローカル環境でおこなってみます。
環境は以下の通りです。
—————————-
OS:Windows
疑似サーバー:XAMPP
PHPバージョン:5.6
—————————-
WindowsではDLLファイルを使用するため、ダウンロードします。
XAMPPで構築している段階でそのDLLファイルを指定されているところに入れ、
php.iniの一番最後の行にextension=php_phalcon.dllを追記します。
そのあとはhttp://localhost/でphpinfoを押して
Phalconが適用されていることを確認します。

公式ドキュメントに、チュートリアルがありますので、
そちらを参考にしていただくといろいろ試せると思います。
Phalconを導入してみて、高速かつ省メモリという恩恵はすごく期待が持てます。
ドキュメント等はまだ英語表記のものが多いですが
サンプルコードが充実しているのでそれとなく使い方は
わかっていくのではないでしょうか。
今後さらに使っていき、新たな発見がありましたら
記事でご紹介していければと思っております。
最後までご覧いただき、ありがとうございます。


弊社では全国各地の請負い(ご自宅)で作業協力頂ける、フリーランスエンジニアの方を常時探しております。
ご興味ある方は、お気軽にお問い合わせ下さい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*